学科・専攻ガイド

学科・専攻ガイド

プログラマ科|プログラム専攻(2年課程)

社会と企業の基盤を支える、プログラムの作成とテクニックを習得。
コンピュータの基本技術から実際にシステムを構築するプログラミング技術を学び、高度なITスキルを身につけた、IT社会を支えるプログラマを育成します。
プログラマ育成

学科の特徴

Point 1

企業の情報運用管理など幅広い職域で活躍できるプログラミング技術を習得
システム開発に必要なプログラム作成能力を実習で繰り返しながら着実に習得。基礎から応用までプログラミングの知識を幅広く学びます。

Point 2

コンピューターシステムの開発におけるシステム設計の基本技術を学ぶ
コンピューターの基礎から学び、IT社会の基礎を支えるシステム開発に必要な知識・技術を習得。さらに、マルチメディア関連の基礎知識や技術も学びます。

Point 3

情報社会に欠かせないネットワーク、データベースの基本技術も身につく
インターネットに代表されるネットワークの活用からWeb構築、データベース設計技術まで幅広く学び、情報社会を支える若きスペシャリストを育てます。

主な将来の進路

●システムエンジニア
●データベースエンジニア
●セキュリティエンジニア
●ネットワークエンジニア
●プログラマ
●モバイルエンジニア
●オペレータ
システムエンジニア

目指せる主な資格

●基本情報技術者●ORACLE MASTER
●応用情報技術者●Java SE 7
●ネットワークスペシャリスト●MCP
●データベーススペシャリスト●MOS
●情報処理安全確保支援士(旧 情報セキュリティスペシャリスト)●情報検定(J検)
●SEA/J 情報セキュリティ技術認定●ビジネス能力検定(B検)
●CompTIA

カリキュラム

1年次|大切な基本技術を確実にマスター
コンピュータのハードウェア・ソフトウェアの基礎
Windowsおよびビジネスソフトの基本操作
ネットワーク・セキュリティ関連の基礎知識
データベース関連の基礎知識
■ITの職業と情報倫理
■基礎理論
■ハードウェア
■ソフトウェア
■データ構造とプログラミング
■アルゴリズム

■表計算
■システム開発の基礎
■ネットワークとセキュリティ
■データベースの基礎
■ITストラテジとマネジメント
■デジタル社会の法制度

■C言語
■システム設計
■コミュニケーションスキル
■就職対策
■資格対策講座

2年次|「作る」技術を実践重視で獲得
プログラムの作成からシステム設計までの基礎知識
オブジェクト指向プログラミングの基礎知識
Webアプリケーションの構築
習得技術の集大成として卒業研究でシステムを構築
■UML演習
■Access演習
■オブジェクト指向
 プログラミング1
■ビジネス実務

■Web演習
■ビジネスマナーと文書技法
■XML
■Webアプリケーション構築1
■プレゼンテーション技法

■ビジネススキル
■就職対策
■資格対策講座
■卒業研究

※一部抜粋、科目内容は変更することがあります。

先生からのメッセージ

川野 憲子先生

ITの知識と資格の両方を身に付けてできる社会人を目指しましょう。

ピックアップ科目紹介

C言語入門

C言語入門
採用されているソフトウェア分野が広いC言語の文法や制御構造を学習する。また、実習を通して基本的なプログラミング技法について学習する。

データベースの基礎

データベースの基礎
リレーショナルデータベースの概念やデータの関連性、データの正規化、関係データベースを操作するSQL、データベースの利用方法などについて学習する。

TOPICS

KCS独自の校内合同企業説明会

KCS独自の校内合同企業説明会
KCS卒業生の就職企業などを中心に福岡県内企業や関東の企業に集まっていただき、KCS生対象の合同企業説明会を毎年開催しています。