学科・専攻

学科・専攻

システムエンジニア科|ネットセキュリティ専攻(3年課程)

基本計画からオペレーションに至るまで、システム開発の流れを余すことなく把握。
プログラミングやシステム開発技術に加え、システム設計技術を学び、システム開発のリーダーを目指し、ハイレベルなシステムエンジニアやネットワークエンジニアを育成します。
ネットセキュリティ

学びのPOINT

Point 1

ITに関する基礎的知識とプログラミング技術を確実に身につける。

Point 2

ネットワークやセキュリティなどIT技術の幅広い専門知識と技術を習得する。

Point 3

難関の国家資格やベンダー資格などの取得を目指す。

目指せる主な資格

基本情報技術者(国家資格)
 応用情報技術者(国家資格)
 情報処理安全確保支援士(国家資格)
 ネットワークスペシャリスト(国家資格)
 CompTIA
 SEA/J情報セキュリティ技術認定
ほか

主な将来の進路

システムエンジニア
セキュリティエンジニア   
プログラマ
ネットワークエンジニア 
データベースエンジニア
プロジェクトリーダー など
システムエンジニア

学びの流れ

ph
1年次プログラミングの基礎知識を幅広く理解する
ソフトウェア・ハードウェアの基礎知識やプログラミング技術の基礎など、システム開発分野の基盤となることから学びながら、徐々に理解を深めていきます。
プログラム作りの土台となるアルゴリズムや、プログラミング言語の一つ「Java言語」、情報倫理まで、初心者も分かりやすく学習できます。
ph
2年次各専攻分野の応用技術を学び、実践的な技術を身につける
より実践的な技術や応用知識を学びながら、それぞれの専攻分野を深めていきます。
アプリケーション開発技術など最新技術をマスターするとともに、ビジネスマナーや文書技法も身につけ、就職対策を行います。
ph
3年次就職に向け実力を磨き、学習の成果を卒業研究として発表
サーバ構築やPHP開発など、さらに専門性を深め、即戦力としてのシステムエンジニアスキルを磨きます。
就職活動が本格的にスタートし、インターンシップを通して学ぶ「実践システム開発演習」も行います。
3年間で学んだ知識や技術の集大成として卒業研究にも取り組みます。

Teacher's Message

ITの仕事は時代の最先端。 KCSで「未来」についての話をしよう!

KCSでは初めて情報を学ぶ方でも、3年間しっかり学習することであらゆる分野で活躍する力を身につけることができます。プログラミングの技術や国際的にも認知されている資格の取得だけでなく、提案力やコミュニケーション能力といった実社会に必須の能力も高めることができますよ。ITの仕事の醍醐味は、コンピュータを思い通りに動かすことのできる面白さを味わえること。システム開発やセキュリティなど、時代の最先端で新しい技術開発の中心となっていってほしいですね。

木村 賢二先生

ピックアップ科目紹介

オブジェクト指向プログラミング

オブジェクト指向プログラミング
Java言語での演習を通して、システム開発やプログラム作成手法の主流となっている、オブジェクト指向の考え方を学習します。

Androidアプリケーション開発

Androidアプリケーション開発
Androidの特徴や開発環境の構築、アプリケーションの画面設計、Android開発環境特有のプログラミング技術を学習します。

実践システム開発演習

実践システム開発演習
インターンシップを通して実践的かつ専門的な知識・技術を習得します。システム開発における要求定義や基本設計書の作成などを学ぶことができます。

TOPICS

学科の垣根を越えて学ぶ
エクステンション講座

エクステンション講座は、学科・専攻に関係なく受講できる「自由選択講座」です。
前期(5月~7月)、後期(11月~2月)に開催され、システム分野やゲーム・CG分野の講座、資格対策講座などを受講できます(受講費用・テキスト費用は無料)。
KCS生は、興味関心のある講座や就職に備えた資格取得など、毎回積極的に講座を受講しています!

平成29年度 開講講座

Java言語入門講座
Windowsサーバ構築演習
Unityゲーム開発入門講座
Webサイト制作入門講座
MOS対策講座(エキスパートWord/Excel)
Microsoft Access超実践講座
医療情報基礎知識検定対策講座 など

KCSは国家試験(基本情報)午前試験免除認定校

KCSは国家試験(基本情報)午前試験免除認定校
KCSは、経済産業省主催 情報処理技術者試験基本情報技術者の午前試験免除認定校。 毎日の授業をしっかり受講して、免除に必要な試験に合格すれば、本試験で午後の試験に集中できるから、合格率もアップ。より上位の資格取得をめざすことができます。

独自のe-Learningシステムを活用した試験対策

独自のe-Learningシステム
学習スタイルに応じて弱点補強や模擬試験など、個人ごとに、より一層理解を深めることができます。過去問題の他に、eDCグループの豊富な知識と経験をもとに厳選した情報処理技術者試験問題も含まれており、試験制度の改訂にも即時に対応。問題数の充実と徹底解説により、あなたのヤル気を完全サポートします。