学科・専攻

学科・専攻

ゲーム・CGデザイン科|ゲームプログラム専攻(2年課程)

ゲームの企画から制作全般までを学び、ゲーム制作に必要な技術を習得。
ITの基礎技術からゲームを題材にした企画やプログラミングなどの制作技術を学び、
また、ゲーム制作に必要なマルチメディア概論やコンテンツ制作の手法も学習します。
ゲーム制作

学びのPOINT

Point 1

マルチメディアに関する基礎知識や業界でプロが使用しているソフトの操作技術を習得。

Point 2

ゲーム・CG会社による技術講習や講演会など、現役クリエーターによる直接指導を実施。

Point 3

東京ゲームショウやゲームコンテストに参加して、クリエイティブな感性や実践力を身につける。

目指せる主な資格

基本情報技術者(国家資格)
 CGクリエイター検定
 応用情報技術者(国家資格)
 CGエンジニア検定
 マルチメディア検定
 Webデザイナー検定
ほか

主な将来の進路

ゲームプログラマ
ゲームプランナー
アニメーター
CGデザイナー
CGクリエイター
Webデザイナー
システムエンジニア
 など
ゲームプログラマ

学びの流れ

ph
コンピュータの初歩からスタート
コンピュータやマルチメディアに関する総合的な学習から始まり、ゲームやCG、Web、デザインなど、各分野の基本となる知識と技術を学んでいきます。基礎固めをじっくり行い、専門的なスキルの土台を作ります。
ph
2年次実践的な実習も交えて応用力を高める
基礎をさらに深めた上で、応用力を身につけていきます。
ゲーム制作では実際にプログラムを構築。
またCG・Webに関するさまざまな表現方法も学んでいきます。
ゲーム・CGデザイン科は2年次で卒業となります。

Teacher's Message

新しいことに興味を持ち、貪欲に吸収しよう

ゲーム・CG系の学びの面白さは、成果が目に見える形でできあがるところです。ゲーム作品やホームページ、卒業研究作品などを作ることで実力がついたことを実感できると思います。資格で取っておきたいのは情報処理技術者。努力の証明になりますし、自信にもつながります。ゲームやデザインの分野はとてもクリエイティブ。挑戦心や探究心を大切に、学びを深めていってください。

村井 美保先生

ピックアップ科目紹介

デザインツール演習

デザインツール演習
デザイン業界で必要な写真加工や画像処理、イラスト制作技術を習得するため、PhotoshopやIllustratorなどの操作技術を学習します。

3Dメイキング

3Dメイキング
業界のプロも使用している3Dソフト「Maya」の操作技術を習得。美麗なCG制作や高度なモデリング・レンダリング技術を学習します。

ゲームプログラミング

ゲームプログラミング
C++などのプログラミング言語を駆使したプログラミングから、「Unreal Engine 4」などのゲームエンジンを利用したゲーム開発を学習します。

TOPICS

さまざまなコンテストへの挑戦で『やり抜く力』を身につける
KCSの学生は、全国で開催されているさまざまなコンテストへ参加しています! コンテストに参加する狙いは、学生同士で競い合い評価されることで、個々の技術力アップを図ること、誰よりも高いレベルの作品を作ろうという意識改革にあります。また、限られた時間の中での作品制作は、とても大変な作業です。コンテストに向けて頑張っていると、自然と最後まで『やり抜く力』を身につけることができます。

コンテスト一覧

福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD」
日本ゲーム大賞 「アマチュア部門」
コンピュータグラフィックス展「静止画部門」
チャリティー年賀状  学生デザインコンテスト ほか

進化するゲーム業界

「Unity」を教育現場に導入

「Unity」を教育現場に導入
UnityとはPCやモバイル端末、コンシューマゲーム機などさまざまなプラットフォームに対応し、世界中で180万人以上のユーザーを誇る統合型ゲーム開発環境のこと。その移植のしやすさから、今やプラットフォームを選ばない環境を構築しており、大手企業からも注目を集めているといわれています。KCSではこのUnityを教育現場に導入し、将来のゲーム業界を担う人材を育成しています。
※プラットフォームとはゲーム機などの機器と、それを動かすソフトウェアなどのこと。