学科・専攻ガイド

学科・専攻ガイド

大学併修科|システム開発専攻・ネットセキュリティ専攻(4年課程)

KCSの大学併修科って何?

大学併修科の特長

大学併修科

大学の知識・教養と専門学校の技術・資格でトリプルライセンスを取得!

License 01

大卒資格

License 02

高度専門士

License 03

情報処理国家資格
ベンダー資格
トリプルライセンスとは、就職戦線でライバルに勝てる実力の証明!

4年間で大学と専門学校を同時卒業!

大学+専門学校 卒業までの年数の比較

画像
4年間で大卒の学位と専門的な知識を取得。就職への近道!!
大学を卒業してから就職に有利な資格取得や専門技術を身につけるために、専門学校に再度入学する学生が増えています。通常、4年制大学を卒業してから専門学校の2年課程に入学すれば、6年間学校に通うことになります。しかし、本校の大学併修科生は4年間で両方を卒業できます。
画像
効率的なカリキュラムで学習負担を軽減!

KCSと北海道情報大学との互換科目を
ひとつにまとめたことで学生の学習負担が大幅に軽減

北海道情報大学とKCSは同じグループ校なので、類似科目を共有化した独自のカリキュラムにより効率よく効果的な授業が可能です。たとえば「ネットワーク」に関する学習ひとつをとっても、理論を大学の授業で学び、専門学校でそのシステム開発を実施することにより、学習の効果が2倍、3倍にアップします。
文部科学省告示第170号 「高度専門士」認定 大学併修科(4年課程)
修業年限4年以上の専修学校専門課程における学習の成果を適切に評価するため、一定の要件を満たす専門課程の修了者に対し、従来の「専門士」とは異なり、「高度専門士」の称号が付与されるようになりました。

専門学校と大学のカリキュラムを4年間に凝縮

専門学校と大学のカリキュラムを4年間に凝縮

普通の大学・短大との比較

普通の大学・短大KCS大学併修科
学歴○○大学卒業【学士:○○学】北海道情報大学卒業【学士:経営情報学】
KCS北九州情報専門学校卒業【高度専門士】
学び「教養」を学ぶところ
学んだ学部と就職は直結しない
「教養:大学」+「実践力:専門学校」を学ぶところ
学んだ内容が就職先と直結している
目的「知識の取得」が目的
一般教養+専門科目の理論を習得
「知識の取得」+「プロの育成」が目的
高度な理論+専門的な知識と技術を習得
資格「独学」で資格取得をめざす
通常講義に資格対策授業はない
「資格取得カリキュラム」で資格取得をめざす
情報教育40年以上のノウハウによる
資格対策授業
就職「各自」で就職活動をおこなう
就職指導部で求人調査、独自の就職活動
「学校と一体」で就職活動をおこなう
就職指導部+担任+北海道情報大学の
バックアップ体制

4つのスタイルで学ぶ、新スタイルの大学授業

メディア授業

メディア授業
双方向通信によるライブ授業
高速通信回線を使い、北海道情報大学の講義映像を各教育センターへ配信。マルチメディアによる相互通信により、北海道で講義をする教授と全国各地で受講する学生達の間では、まるで同じ教室にいるような質疑応答や意見の交換が可能になります。

スクーリング

スクーリング
大学教授による集中講義
スクーリングには、教授が各教育センターに出張して行う「地方スクーリング」とHIU(本学)で行われる夏期・冬期スクーリングがあります。本学のスクーリングには全国各地から同窓の仲間が集まり、楽しい出会いとコミュニケーションの輪が広がります。

座学授業

座学授業
講師が万全のフォロー
大学から送付されたテキストをもとに各自が授業で自主学習する授業です。学習後レポートを提出し、試験に合格して単位を修得します。大学授業をフォローする先生が北九州に常駐。学生一人ひとりに万全の支援を行っています。

インターネットメディア授業

インターネットメディア授業
インターネットで大学と直結
北海道情報大学のサーバと学生のパソコンをインターネットで直結。マルチメディア教材として活用できるほか、単元ごとに確認問題の解答・解説を読んだり、電子掲示板や電子メールを通じての質問や意見交換もできます。

学科について

大学とのWスクールで、知識と技術そして各種資格を取得した学士を養成。
専門的な知識と教養知識の両方を学べ、様々な資格取得にもチャレンジ。
総合力と実践力を身につけ、幅広い分野で活躍できるスペシャリストを目指します。
Wスクール

学科の特徴

Point 1

大学とのWスクールで卒業時には学士と高度専門士の資格を取得
KCSと北海道情報大学(HIU)に同時に入学するWスクールシステムで、卒業時には大学卒業(学士)と専門学校卒業(高度専門士)のWライセンスを取得。

Point 2

万全の資格対策フォローにより一般教養と情報スキル・資格を兼ね備えた「就職に強い大学生」を目指す
就職活動でアピールできる情報処理技術者国家試験をはじめ各種資格取得を目指すことができます。9割以上の学生が、情報処理技術者国家試験を取得して卒業。

Point 3

大学で現代ビジネスに直結した「経営情報学」を専門学校で実践的な情報技術を学ぶ
プログラミングや情報通信、画像処理などのシステム開発技術を習得し、さらに経営の知識も学びます。IT時代に幅広く活躍するエンジニアを目指します。

主な将来の進路

● プロジェクトマネージャ● ゲームプログラマ
● システムエンジニア● 高等学校教諭
● プログラマ● 公務員/各種総合職
● 医療情報技師● 大学院進学
● ゲームプロデューサー
プロジェクトマネージャ

目指せる主な資格

●基本情報技術者●ORACLE MASTER
●応用情報技術者●Java SE 7
●ネットワークスペシャリスト●CGエンジニア検定
●データベーススペシャリスト●CGクリエイター検定
●情報処理安全確保支援士(旧 情報セキュリティスペシャリスト)●マルチメディア検定
●SEA/J 情報セキュリティ技術認定●MOS
●CompTIA●情報検定(J検)
●医療情報技師能力検定●日商簿記検定
●ビジネス能力検定(B検)●高等学校教諭一種免許(情報・商業・数学)

カリキュラム

1年次|ハード・ソフトの基礎を固める
大学科目の一般教養、外国語、情報・経営学系基礎知識
コンピュータの基礎、ビジネスソフトの利用技術
プログラム設計、通信ネットワーク、データベース
■ITの職業と情報倫理
■基礎理論
■ハードウェア
■ソフトウェア
■データ構造とプログラミング
■アルゴリズム
■表計算

■ネットワークとセキュリティ
■システム開発の基礎
■データベースの基礎
■ITストラテジとマネジメント
■情報リテラシー
■英語Ⅱ
■C言語

■デジタル社会の法制度
■システム設計
■簿記会計Ⅰ
■英語Ⅳ
■コンピュータアーキテクチャ
■資格対策講座 他
2年次|経営知識+情報処理実践
大学科目の一般教養、外国語、情報・経営学系基礎知識
プログラム言語、ネットワーク、データベース技術
インターネット、システム開発、国家試験合格を目指す
■JAVA
■ソフトウェアエンジニアリング
■情報処理技術
■UML演習
■情報システム学概論Ⅰ
■情報システム学概論Ⅱ

■コンピュータサイエンス入門
■ディジタル画像概論
■セキュリティ応用
■Access実習
■ソフトウェア開発技術
■システム開発演習

■コミュニケーションスキル
■プログラミング基礎
■コンピュータネットワーク
■ORACLE SQL
■資格対策講座 他
3年次|国家試験合格を目指す対策授業
大学科目としてマネジメント理論と専攻科目
システム設計、コンピュータ応用技術
幅広い情報分析能力、国家資格合格を目指す
■オブジェクト指向プログラミング
■システム監査
■財務会計学基礎編
■オペレーティングシステム基礎論
■ネットワークシステム概論

■基礎数学
■知的所有権論
■Linux
■プログラム言語Ⅰ
■ビジネスマナーと文書技法

■Androidアプリケーション開発
■CompTIA Network
■就職対策
■資格対策講座 他
4年次|これまでの知識と技術の総仕上げ
大学科目として専攻に準じた専攻科目
コンピュータ総合実習
システムの設計から構築までの総仕上げ
■HTML演習
■XML
■Webアプリケーション構築1

■C/Sシステム構築
■プロジェクト管理
■就職対策

■資格対策講座
■卒業研究
■卒業論文 他
※一部抜粋、科目内容は変更することがあります。

先生からのメッセージ

小野 寛明先生

充実した環境の中で仲間と一緒にそれぞれの夢に向かって
チャレンジしましょう!

海外短期留学制度

国際交流について

国際交流について
北海道情報大学では、南京大学、ポートランド州立大学、ラジャマンガラ工科大学タンヤブリ校等との間で国際交流協定を結び、教職員の交流、学生の相互留学、共同研究などを積極的に進めており、情報化の進む現代社会に求められる国際感覚を身につけることができます。