資格合格実績

資格合格実績

KCS資格マイスター制度

KCS資格マイスター制度とは


KCSでは、学生の取得した各種資格に応じて学生を表彰する「資格マイスター制度」があります。この制度は学生の向上心を高めるとともに、 取得した資格に自信を持って、就職活動に臨んでもらうための制度です。

<マイスターの称号>
学生から申請された資格取得を資格マイスター基準に応じて、以下の5種類を認定します。
・資格マイスタープラチナ
・資格マイスターゴールド
・資格マイスターシルバー
・資格マイスターブロンズ
・資格マイスターフェロー

<表彰>
受賞者には年2回行われる表彰式で賞状と記念品が贈呈されます。

KCS資格マイスター表彰式の様子

画像
画像
画像
画像

資格マイスター受賞者の代表メッセージ


画像
資格マイスタープラチナ:大学併修科 前田 聡

●取得資格
ネットワークスペシャリスト,情報セキュリティスペシャリスト,応用情報技術者,基本情報技術者,オラクルマスター(シルバー),LPIC(レベル1),マルチメデイア検定(エキスパート),J検2級
●メッセージ
資格マイスター制度ができたことで、次への目標を設定しやすくなりました。資格を取得する喜びや楽しさが増し、卒業後もぜひ仕事で活かしていきたいと思っています。

資格マイスターシルバー:ビジネス情報科 佐藤 円

●取得資格
日商簿記検定3級,B検3級,秘書検定3級,医療事務管理士技能検定,MOS2010 Word(エキスパート),Excel(エキスパート),Access,PowerPoint,CompTIA(SIF),ビジネス電話検定
●メッセージ
資格マイスターはいろいろな資格を対象にしているので、ビジネス系の学生にも表彰されるチャンスがあり、すごく励みになりました。卒業までにさらに多くの資格にチャレンジしたいと思います。

資格マイスターブロンズ:プログラマ科 井上 裕斗

●取得資格
基本情報技術者,J検3級,B検3級,秘書検定3級,ビジネス文書検定3級
●メッセージ
KCSに入学するまでは資格を持っていませんでしたが、情報の国家資格等を取得し自信もつきましたし、資格マイスターの表彰でさらにやる気が増しています。