学科・専攻

学科・専攻

ビジネス科|医療事務専攻(2年課程)

ビジネスソフトを活用した専門的な知識と医療事務を担うエキスパートを育成。
病院業務、医療事務などの知識および技術とパソコン活用術を学び、高いパソコンスキルを併せ持つ医療事務のエキスパートを育成します。
医療事務専攻

学びのPOINT

Point 1

医療知識と最新のIT技術を同時に身につける

Point 2

ビジネスで欠かせない社会人マナー教育も充実

Point 3

社会的評価の高い資格取得を目指す

取得を目指す主な資格

ITパスポート(国家試験)
◆ ビジネス能力検定(B検)ジョブパス
◆ 医事オペレータ技能認定試験
◆ 日商簿記検定
◆ 医療事務技能審査試験
◆ MOSエキスパート
◆  秘書検定
日商リテールマーケティング(販売士)検定
ほか

主な将来の進路

事務スタッフ
ドクターズクラーク
医療秘書
医療事務
営業・販売スタッフ
企画・広報スタッフ
など
ドクターズクラーク

学びの流れ

ph
ビジネスや医療事務、パソコンの基礎を学ぶ
医療事務専攻では病院や医療制度の仕組み、レセプト作成技術などを初歩から学びます。
ph
2年次各専攻分野の応用技術を学び、実践的な技術を身につける
医療事務専攻では電子カルテなど医療情報システムを利用するための知識や、医師の事務作業補助などについて学びます。

CHECK!

ph
IT化が進む医療の現場
既に大型病院ではほとんどが電子カルテ化され、個人の医療履歴、カルテ診療内容、検査内容、投棄記録などがデータ化されています。IT化により診療報酬請求や会計業務が効率化され、待ち行列削減にも役立っています。ビジネス科では医療事務のIT化に対応した実践的な学習も行います。

主なカリキュラム(例)

2年次

MOS Access演習
Excel VBA
秘書検定対策
実践ビジネス文書
Webデザイン実習
プレゼンテーション技法
医療秘書
セキュリティ応用
Word実践演習
Excel実践演習
就職対策
卒業研究

Teacher's Message

一緒に「オンリーワン」を目指しませんか?

PCスキルを身につけると共に、社会人としての一般常識、会社で働く上で必要となる知識を検定試験を通して学び、即戦力となる社会人を育てます。今後、AIの進化に伴い仕事も変化をしていきますが、接客や販売など人の温かさを伝える仕事は「人」でなくてはなりません。これから描かれる未来で、一人ひとりが「オンリーワン」として選ばれるような人材の育成に力を注いでいます。

山口 直美先生
山口 直美先生

未来を見つけて歩む先輩からのメッセージ

ビジネス科 医療事務専攻 1年
佐藤 優衣さん 福岡県立行橋高校[福岡県]出身

「なりたい私」を見つけるために踏み出した一歩。キャンパスライフを楽しみながら学びを深めています。

KCSに入学する決め手になったのは、就職率の高さと学科の豊富さ。「この学校なら自分のやりたいことを見つけられそう」と思い、一番興味を惹かれた医療事務専攻を選びました。授業では、主に病院の受付や薬の点数を付けるための知識を学び、患者様の視点に立った対応・言葉遣いを身につけていくことができます。先生方の指導はとてもわかりやすいだけでなく、理解できないところがあれば、とことん時間をとって教えてくれるので安心。学生同士の仲もすごく良くて、2年に1度開催される球技大会では他クラスとの交流が増えたり、とても楽しいですよ。今目標にしているのは「簿記検定」合格! 簿記の原理がわかり始め、学ぶことがどんどん面白くなっています♪

Pick up 科目紹介

ビジネス 実務

ビジネス 実務
社会人にとって必要なビジネスマナーの基礎知識とコミュニケーション、ビジネスシーンにおける文書作成ルールや技法について学習します。

簿記会計

簿記会計
商業簿記の仕組みや記帳方法について学習し、社会的評価の高い「日商簿記検定」の取得を目指します。

医事オペレータ

医事オペレータ
「レセプトソフト」を使用したカルテをもとに診療報酬明細書の作成を学習。病院職員としてのマナーも学習します。

TOPICS

KCSでは、社会で活躍するためのさまざまな講座やセミナーを開講しています
メイクアップ講座

メイクアップ講座

就職活動から実際の仕事をする上で必要な「ビジネスメイク」をメイクのプロから学びます。
身だしなみセミナー

身だしなみセミナー

これから就職活動へ向けて、種類や色の選び方など「スーツの着こなし方のポイント」を実際に学生モデルを使った実演を交えて学びます。
袴着付け講座

袴着付け講座

女子学生に対しての卒業式向けレンタル袴の試着会。たくさんの色、柄の中から好みの袴を試着できます。

医療現場での業務

IT化の進む医療現場にはコンピュータ知識や技術を活かす業務がたくさんあります

IT化の進む医療現場
受付業務
受信の手続きや保険証確認などをおこないます。
病歴・カルテ管理
カルテの検索や管理をおこないます。
オペレータ業務
診療費のうち自己負担分を除いた費用を国や健康保険組合に請求する「診療報酬明細書(レセプト)」を作成します。
会計業務
患者さんから自己負担分の診療費を支払っていただきます。
医療秘書
医師のスケジュール管理、資料作成などのアシスタント的な役割をします。
病棟クラーク
患者さんの入退院手続きや診療内容の入力、看護師さんの事務作業の補助などをおこないます。
医師事務作業補助[ドクターズクラーク]
これまで医師が行っていた電子カルテの入力や診断書などの文書作成を、医師の指示のもとで医師に代わっておこないます。