学科・専攻

学科・専攻

ビジネス科|医療事務専攻(2年課程)

ビジネスソフトを活用した専門的な知識と医療事務を担うエキスパートを育成。
病院業務、医療事務などの知識および技術とパソコン活用術を学び、高いパソコンスキルを併せ持つ医療事務のエキスパートを育成します。
医療事務専攻

学びのPOINT

Point 1

医療知識と最新のIT技術を同時に身につける

Point 2

ビジネスで欠かせない社会人マナー教育も充実

Point 3

社会的評価の高い資格取得を目指す

学びの流れ

1年次

ph
ビジネスや医療事務、パソコンの基礎を学ぶ
医療事務専攻では病院や医療制度の仕組み、レセプト作成技術などを初歩から学びます。

2年次

ph
各専攻分野の応用技術を学び、実践的な技術を身につける
医療事務専攻では電子カルテなど医療情報システムを利用するための知識や、医師の事務作業補助などについて学びます。

CHECK!

ph
IT化が進む医療の現場
既に大型病院ではほとんどが電子カルテ化され、個人の医療履歴、カルテ診療内容、検査内容、投棄記録などがデータ化されています。IT化により診療報酬請求や会計業務が効率化され、待ち行列削減にも役立っています。ビジネス科では医療事務のIT化に対応した実践的な学習も行います。

主なカリキュラム(例)

2年次

MOS Access演習
Excel VBA
秘書検定対策
実践ビジネス文書
Webデザイン実習
プレゼンテーション技法
医療秘書
セキュリティ応用
Word実践演習
Excel実践演習
就職対策
卒業研究

Teacher's Message

ビジネスマナーは人と人との潤滑油。

ビジネス分野では、パソコンスキルとともに、社会人としての必要なビジネスマナーを学びます。基本スキルを身につけたうえで、各専攻の科目の学びに入ります。分かること、できることが増えると、今までとは違った興味も出てくるため面白いですよ。自分の理想の未来に近づくには、面白そう!楽しそう!どうすればそうなるのか?という好奇心を継続することが大切です。

岡松 良子先生
岡松 良子先生

未来を見つけて歩む先輩からのメッセージ

ビジネス科 医療事務専攻 1年
水江 友紀さん 北九州市立高等学校 [福岡県] 出身

できるだけ多くの資格を取得して就職の選択肢の幅を広げたい。

オープンキャンパスの話がとても面白く、ほかと比べると学費も安かったのがKCSでした。就職のことを考えたとき、少しでも自分の選択肢の幅を広げたいと考えて専攻を選びました。ビジネス電話やサービス接遇、ビジネス実務などの授業があり、事務職だけでなく接客等でも役立ちます。通ってきている人も出身地や年が違うなどいろいろな人がいて、友人関係の中にも学びがあるのも面白いところです。現在は医療事務の検定に合格するために一生懸命勉強しています。また、医療事務専攻で取れる資格を、できるだけ多く取得できるよう頑張りたいと思っています。取得した資格を活かして、より良い職に就き、いろいろな知識や経験を得たいと思います。

ピックアップ科目紹介

ビジネス実務

ビジネス 実務
社会人にとって必要なビジネスマナーの基礎知識とコミュニケーション、ビジネスシーンにおける文書作成ルールや技法について学習します。

簿記会計

簿記会計
商業簿記の仕組みや記帳方法について学習し、社会的評価の高い「日商簿記検定」の取得を目指します。

医事オペレータ

医事オペレータ
「レセプトソフト」を使用したカルテをもとに診療報酬明細書の作成を学習。病院職員としてのマナーも学習します。

医療現場での業務

IT化の進む医療現場にはコンピュータ知識や技術を活かす業務がたくさんあります

IT化の進む医療現場
受付業務
受信の手続きや保険証確認などをおこないます。
病歴・カルテ管理
カルテの検索や管理をおこないます。
オペレータ業務
診療費のうち自己負担分を除いた費用を国や健康保険組合に請求する「診療報酬明細書(レセプト)」を作成します。
会計業務
患者さんから自己負担分の診療費を支払っていただきます。
医療秘書
医師のスケジュール管理、資料作成などのアシスタント的な役割をします。
病棟クラーク
患者さんの入退院手続きや診療内容の入力、看護師さんの事務作業の補助などをおこないます。
医師事務作業補助[ドクターズクラーク]
これまで医師が行っていた電子カルテの入力や診断書などの文書作成を、医師の指示のもとで医師に代わっておこないます。