学科・専攻

学科・専攻

ゲーム・CGデザイン科|ゲームプログラム専攻(2年課程)

ゲームの企画から制作全般までを学び、ゲーム制作に必要な技術を習得。
ITの基礎技術からゲームを題材にした企画やプログラミングなどの制作技術を学び、
また、ゲーム制作に必要なマルチメディア概論やコンテンツ制作の手法も学習します。
ゲーム制作

学びのPOINT

Point 1

マルチメディアに関する基礎知識や業界でプロが使用しているソフトの操作技術を習得

Point 2

ゲーム・CG会社の現役クリエータによる講演会などを実施し、業界についての研究を深める

Point 3

ゲームコンテストに参加して、クリエイティブな感性や実践力を身につける

学びの流れ

1年次

ph
コンピュータの初歩からスタート
コンピュータやマルチメディアに関する総合的な学習から始まり、ゲームやCG、Web、デザインなど、各分野の基本となる知識と技術を学んでいきます。基礎固めをじっくり行い、専門的なスキルの土台を作ります。

2年次

ph
実践的な実習も交えて応用力を高める
基礎をさらに深めた上で、応用力を身につけていきます。
ゲーム制作では実際にプログラムを構築。
またCG・Webに関するさまざまな表現方法も学んでいきます。
ゲーム・CGデザイン科は2年次で卒業となります。

Teacher's Message

コンクールやイベントに参加する経験も◎。

ゲーム開発には、プログラマ、イラスト・音響などのデザイナー、プランナーなどさまざまな人が関わります。そのため、プログラミングについてはもちろん、イラストデザインやCG技術についても学びます。ぜひ取得してほしいCG-ARTS検定のほかにも、色彩検定かカラーコーディネーター検定を取得し、色に対する基礎知識を得ておくと、物事をデザインするときに必ず役立ちます。

水野 沙耶先生
水野 沙耶先生

未来を見つけて歩む先輩からのメッセージ

ゲーム・CGデザイン科 ゲームプログラム専攻 1年
西室 結衣さん 北九州市立高等学校 [福岡県] 出身

パソコンを基礎から学べて、幅広い情報技術が身につきます。

もともと情報やプログラミングに興味があったのですが、あまりパソコンを扱う機会がなく、得意なほうではなかったので、進路を決めるときはとても不安でした。KCSのオープンキャンパスで先生方の話を聞き、基礎からしっかり学べることに魅力を感じました。現在の専攻を選んだ理由は、私はゲームが好きなので、いつか多くの人に夢を与えられるゲームを作りたいと思ったからです。高校までと違って、KCSでは同じ趣味の人が多く、共通の話ができることがとてもうれしいです。授業では、情報の基礎やプログラミング、デジタル社会の法制度、キャラクター表現など幅広い知識を学ぶことができます。クラスメイトとも仲良く、毎日楽しく過ごしています。

ピックアップ科目紹介

デザインツール演習

デザインツール演習
デザイン業界で必要な写真加工や画像処理、イラスト制作技術を習得するため、PhotoshopやIllustratorなどの操作技術を学習します。

3Dメイキング

3Dメイキング
業界のプロも使用している3Dソフト「Maya」の操作技術を習得。美麗なCG制作や高度なモデリング・レンダリング技術を学習します。

進化するゲーム業界

「Unity」を教育現場に導入

「Unity」を教育現場に導入
UnityとはPCやモバイル端末、コンシューマゲーム機などさまざまなプラットフォームに対応し、世界中で180万人以上のユーザーを誇る統合型ゲーム開発環境のこと。その移植のしやすさから、今やプラットフォームを選ばない環境を構築しており、大手企業からも注目を集めているといわれています。KCSではこのUnityを教育現場に導入し、将来のゲーム業界を担う人材を育成しています。
※プラットフォームとはゲーム機などの機器と、それを動かすソフトウェアなどのこと。