学科・専攻

学科・専攻

システムエンジニア科|医療情報専攻(3年課程)

医療情報分野の特長

医療情報学科
医療分野のIT化を図る、今、注目の医療情報技師。
高齢化社会を迎え、医療と福祉へのニーズは高まるばかりで、国内医療情報システム市場は今後も拡大が予測されています。
医療知識と情報技術を併せ持つ「医療情報技師」の確保は、医療界全体の急務であり、各医療施設が切望していることです。

医療界の現状は?

日本は、世界最高の健康水準を達成するに至っています。これに伴い、質の高い効率的な医療提供のための環境整備が課題となっています。そのため、医療界にもインターネットやデータベースを活用し、より良い医療をめざすために様々な方策が検討されています。これらが適用されると、患者の情報共有や最新医療情報の共有、医療機関相互の連携が強化され、リアルタイムに情報を取得できるなど、医療の効率化が期待できます。

「医療情報技師」ってこんな仕事です!

病院内には、医師、看護師、薬剤師、医療検査技師、医事課(医療事務スタッフ)など、多くの人たちが専門的な業務をおこなっています。
これらの部署では、それぞれに医療情報システムを利用しています。「医療情報技師」とは、病院スタッフとの密なコミュニケーションで情報システムを構築・管理し、医療の質の向上を実現していく人材なのです。

プロフェッショナルから学ぶ 実際の現場での病院実習

画像学校では体験できない、医療現場で実際に活躍されている医療情報技師によるシステム構築演習、医師・診療情報管理士による講義などを受講し、病院施設の見学などもおこないます。

電子カルテと地域医療ネットワークの普及

画像
カルテとは、医師が患者毎に作成する診療記録です。これを紙ベースから電子情報として一括管理し、データベース化したものを、電子カルテと呼んでいます。コンピュータで情報処理することにより多くのメリットがあります。近年、医療現場における電子カルテ化などのIT化が急速に普及しています。これは、政府により①医療の質の向上②医療の効率化③安全性対策④情報提供を目的として電子カルテ化や地域医療ネットワークの普及に推進しているからです。
画像
医療現場のITシステム例
●オンラインレセプト
●地域医療システム
●オーダリングシステム
●患者管理システム
●電子カルテシステム
●自動化検診システム
●遠隔医療システム

医療情報技師の役割

学びを支えるグループ姉妹校

北海道情報大学(HIU)の教育

北海道情報大学 医療情報学科教授 医学博士 西平 順 氏
北海道情報大学 医療情報学科教授 医学博士
西平 順

電子カルテの普及は、医療の質の向上と透明性の確保、病院の管理・経営の効率化には必須であり、病院、診療所問わず、導入の必要性が謳われています。
北海道情報大学および全国にネットワーク網をもつKCSは、医療のIT化に貢献できる新しい人材を育成することに新たな一歩を踏み出しました。
このことは、21世紀の医療基盤の構築にあたり、極めて意義深いものであり、大いに期待するところであります。

電子カルテ
病院以外にも診療施設、福祉施設、ソフトウェア開発会社、そして企業に広がる将来の進路。
医療制度の知識に加え、質の高いIT能力を身につけた人材は、病院はもちろん関連する幅広い領域への就職が可能になります。福祉施設などの医療機関、診療所、さらに医療機関を支える医療機器メーカーも考えられます。また、高度なIT能力を持ってすれば、医療に限定することなくソフトウェア開発会社などへの就職の道も拓かれます。

医療情報専攻について

専門知識と情報技術を駆使し、医療を支える医療情報技師になる!
専門的な知識と教養知識の両方を学べ、様々な資格取得にもチャレンジ。
総合力と実践力を身につけ、幅広い分野で活躍できるスペシャリストを目指します。
医療情報専攻

学びのPOINT

Point 1

医療知識と情報技術を融合させた画期的なカリキュラム。

Point 2

電子カルテシステム演習などで実践力を磨く。

Point 3

これからの医療機関に欠かせない「医療情報技師」を目指す。

目指せる主な資格

基本情報技術者(国家資格)
応用情報技術者(国家資格)
情報処理安全確保支援士(国家資格)
医療情報技師能力検定
医療事務管理士技能認定
医療情報基礎知識検定
ほか

主な将来の進路

医療情報技師
医療事務管理士
医療システム技術者
システムエンジニア
プログラマ
など
医療情報技師

学びの流れ

ph
1年次コンピュータと医療情報、両方の基礎を学習
コンピュータに関する基礎知識やパソコンの基本操作を学びます。また、医療情報についても基礎から学習。医療現場の仕組みに触れながら、ITと医療の関わりについて理解を深めます。
ph
2年次学んだ知識を実践レベルに発展させる
医療情報の標準化・電子化の仕組みを理解し、電子カルテシステムや医療システム開発などの実践的な演習にも取り組みます。最新のプログラム言語に関する利用技術も学びます。
ph
3年次応用力を鍛え、さらに高度な学習へ
プロジェクトリーダーとして不可欠な各種管理技法を学び、実務に対応できる医療情報システムの構築について総合演習を行います。医療と情報処理の両方の知識を身につけ、即戦力となる医療情報技術者を目指します。

主なカリキュラム(例)

1年次

ITの職業と情報倫理
基礎理論
ハードウェア・ソフトウェア
システム開発の基礎
データ構造とプログラミング
アルゴリズム
ネットワークとセキュリティ
C言語
医療事務
医学・医療制度
臨床医学
解剖生理学

3年次

Python
プロジェクトマネジメント
スマートフォンWebデザイン
Webアプリケーション構築
サーバ構築演習
オブジェクト指向分析設計
実践システム開発演習
企画と提案
テストと導入・移行
医療情報対策
就職対策
卒業研究

Teacher's Message

医療分野にも欠かせないITのスペシャリストを育成

病院内で活用されている様々なシステムを実際に使用しながら、「情報」という分野から医療にどう貢献できるのかを学習していきます。「医療情報技師」の資格を取得することで、将来は医療機関だけでなく、医療情報システムを開発している機器メーカーへの就職も可能。ITの専門知識を活かし、医師や看護師をはじめ多くの医療関係者を支えていける人材を目指してください。

小野 寛明先生
小野 寛明先生

未来を見つけて歩む先輩からのメッセージ

医療情報専攻 1年
柗井 結音さん 山口県立宇部商業高校 [山口県] 出身

「就職」だけでなく、「進学」も視野に入れて学べる充実の環境で、自分の可能性を広げていけます。

KCSへの進学を決めたのは、医療系の専門知識を身につけられることに加えて、大学併修科への編入も可能な点に魅力を感じたから。学びを深めていくための体制が整っている環境で実践力を磨き、将来は医療機関で知識・スキルを発揮できるIT技術者になりたいと思っています。資格取得のための対策授業も充実。「PINE-NET」を活用した遠隔授業で、全国に広がる姉妹校の大学教授・講師の方と会話をしながら学習を進めていけるのも嬉しいです。今後はさらに、ビジネス系の知識を深めていきたいと思っています。レクリエーションなどの学校イベントが多数用意されているので、ぜひあなたも大切な友人たちと学生生活を楽しみ、たくさんの思い出をつくってくださいね。

ピックアップ科目紹介

病院情報システム

病院情報システム
医療情報と病院システムの全体像を把握して、設計・開発・導入~運用までの手段や各段階での技術的留意点を学習します。

電子カルテ演習

電子カルテ演習
医療機関への導入が進む「電子カルテシステム」についての知識を深め、医療支援を行うためのデータ分析手法などを学習します。

病院実習

病院実習
病院や施設などの医療現場に出向き、受付応対やカルテ作成、データ入力など、授業で身につけた医療事務の仕事を実際に体験します。